建築士と一緒に家づくりしましょう

n-house | 笠掛伸さんの建築作品

  • 設計依頼中のコンペ0件
  • 登録建築士274人

プロフィール 建築士笠掛 伸さんの 建築作品

n-house

建築士 笠掛 伸
作品名 n-house
間取り
ジャンル 戸建住宅
建築の形態 新築
都道府県 東京都
構造 木造
竣工年 2013-10-2
敷地面積 指定なし
延床面積 指定なし
予算 指定なし
構造設計
施工者
内容 本建物は、三方を住宅で囲まれた環境の中に建つ住宅である。木造壁式工法で製作されており外周壁には、木柱120x120㎜に構造用合板を張り木造耐力壁としている。建物の形状は駐車スペース、建蔽率、斜線制限の影響を受ける上で決定した形状である。3層構成のこの住宅となっている。
1階部分はプライベートスペース、2階部分はリビング、3階部分はフリースペースという構成になっている。上から光を取り入れる、階段上部のトップライトはエントランスまで光を導き、都会で忘れがちな四季の移り変わりを太陽の光から感じとれることを期待している。
建物において空間の広がりは単なる部屋の単位などで定められるものではなく、視覚的感覚、視界の距離によって生まれるものだと思う。例えば階段上部に設けたトップライト、これは光を導くだけではなく天井により閉ざされた空を解放することにより視界の距離を無限に設けることにより広さを感じられる。吹き抜けもそうである。吹き抜けの中に浮かぶ箱の壁の線は地面に対して垂直である、一方建物の形状は傾いており斜の壁を演出している。斜めの壁の中に垂直の壁の箱が浮かぶことにより、思い掛けない空間の広さ、距離を感じられるであろう。狭小敷地に建つ住宅で大きな空間を感じられる家を現実化するには視界の距離というのは重要な役割を果たしているのである。
ロケーション 都市
外装 外壁
屋根
内装
主要メーカー バス
トイレ
キッチン
その他
メディア掲載
(登録していない方はコチラどうぞ)
[PR]