建築士と一緒に家づくりしましょう

陽の降り注ぐライトコートのある家(阿佐ヶ谷の家) | 米村和夫さんの建築作品

  • 設計依頼中のコンペ0件
  • 登録建築士276人

プロフィール 建築士米村 和夫さんの 建築作品

陽の降り注ぐライトコートのある家(阿佐ヶ谷の家)

建築士 米村 和夫
作品名 陽の降り注ぐライトコートのある家(阿佐ヶ谷の家)
間取り 吹き抜け
ジャンル 戸建住宅
建築の形態 新築
都道府県 東京都
構造 木造
竣工年 2009-04-30
敷地面積 50平米~99平米
延床面積 50平米~99平米
予算 2000万円台
構造設計 クレモナ構造研究所
施工者 株式会社角伊
内容 都内の阿佐谷に計画した都市型狭小地住宅.敷地面積は18坪.どの部屋も明るく,風通しが良く,心地良い空間にしたい.浴室からは開放的な大きな窓を設けたい.プライバシーは守れる生活....そんな要望に応えた自然素材を使った木造3階建て住宅.
建物をコの字型に配置して出来たライトコート(光を取り入れるための中庭)に開口部やテラスを設けることによって各フロアをつなぎ合わしています.
ライトコートの外部に設けたアマゾンチェリー(木材)の格子のスクリーンは目隠し機能以外に空間を柔らかく囲み安心感を演出しています.
ロケーション 都市
外装 外壁 ガルバリウム鋼板
屋根 ガルバリウム鋼板
内装 クロス
フローリング
主要メーカー バス ハーフユニット(TOTO)
トイレ inax
キッチン Panasonic
その他
メディア掲載
(登録していない方はコチラどうぞ)
[PR]