建築士と一緒に家づくりしましょう

水平線の家 大海原の風景と暮らす家 | 富岡真一郎さんの建築作品

  • 設計依頼中のコンペ0件
  • 登録建築士274人

プロフィール 建築士富岡 真一郎さんの 建築作品

水平線の家 大海原の風景と暮らす家

建築士 富岡 真一郎
作品名 水平線の家 大海原の風景と暮らす家
間取り リビング
ジャンル 戸建住宅
建築の形態 新築
都道府県 静岡県
構造 鉄骨造
竣工年 2019-04-1
敷地面積 300平米~
延床面積 300平米~
予算 6000万円~1億円未満
構造設計 株式会社エスフォルム
施工者 タクミ建設株式会社
内容 太平洋の大海原を見渡すことのできる高台に建つ住宅の計画です。

遮るものの無い海の景色を楽しめるように21メートル×8メートルの2階建ての建物ボリュームを敷地の海側に寄せて海岸線に平行に配置しました。特に眺めのいい2階にはリビング、ダイニングやベッドルームなどのプライベートエリアを。1階にはエントランスや書斎、クローゼットやゲストの宿泊に使用する離れの和室を配置しています。

2階中央の東西に配置された耐震要素となる柱と壁を境に、海側には約45畳の広さのある海の景色を満喫できるリビングダイニング、海とリビングを見渡すことのできるキッチン、リビングとバスルーム双方から利用できるテラス、3方をガラスに囲まれ海の景色を存分に楽しむことができるバスルームが配置され、それらを取り囲むように21メートルのパノラマウインドウが配置されています。北側は南アルプスや富士山を望むことのできる主寝室や子供部屋、トイレ、クローゼットを配置しています。

1階には海に向かって開かれたエントランスのピロティから海に向かって開かれたエントランスホール、書斎、クローゼットのあるプライベート部分と、ゲストの宿泊に使用するためのバスルーム、キッチンのある和室へアクセスすることができます。海側の各室はそれぞれ海の景色を楽しむことができ、連続した外部のバルコニーに出て潮風を感じる事もできます。

3.6mの均等スパンの鉄骨の架構は中央の通りの通し柱で地震力を負担することで2階海側のパノラマウインドウ部分の柱はサッシ方立と同等の50mm×75mmのフラットバーとしています。

透過性とともに断熱性能を確保するため開口部には12mmの空気層を持つペアガラスを採用しています。屋根には100mm、外壁には40mmの断熱材を使用し、省エネルギー等級4と同等の断熱性能を確保しています。晴天率の高い地域性を考慮し特に夏季の日射調整のため1.8mの出のある庇を設けています。

竣工写真 川口一郎、中村やすゆき
ロケーション
外装 外壁 押出成形セメント板
屋根 塩ビシート防水
内装 ビニルクロス
磁器質大判タイル、複合フローリング
主要メーカー バス サンワカンパニー
トイレ パナソニック
キッチン サンワカンパニー
その他
メディア掲載
(登録していない方はコチラどうぞ)
[PR]